時刻表示に/clockと/clock onがあるんですか?なんで?

堀ブナを釣りながら釣りが月齢と深く関係しているという記事を書いたときに、
月齢の確認方法を「/clock」でと用語辞典をそのまま引用したところ、
「/clock on」に修正したほうがいいとアドバイスをいただきまして、
一体、どういうことなのか確認してみました。

堀ブナの釣り場を徹底追及!!月齢と釣果の関係

/clockと/clock onの違い

/clock

メニューの「現在時刻」を選択するのと、ラインエディターに「/clock」と入力して実行するのは同じことになります。

「現在時刻」を表示する。
テキストコマンドの種類「/clock」/FFXI 公式GAME MANUALより

公式からの説明はこれだけです。

でも本当の意味はこれだけではありません。正しく説明すると以下のようになります。

/clock
現在のヴァナ・ディール時間および月齢と地球時間をログウィンドウに表示し、
さらに、時刻の表示と非表示の切り換えをする。

時刻というのは、以下の赤枠の部分のことを指します。
時刻表示とは
つまり、「現在時刻」もしくは「/clock」を実行すると、それまで時刻が表示されていれば、非表示になり、非表示であれば、表示になります。

一体なんの役に立つコマンドなのかわからないのですが、こういったちょっと迷惑な仕様がついているのです。

/clock on

現在のヴァナ・ディール時間および月齢と地球時間をログウィンドウに表示し、時刻を表示します。
png

/clock off

現在のヴァナ・ディール時間および月齢と地球時間をログウィンドウに表示し、時刻を非表示にします。

clockoff

/clockを利用することの弊害

見たいと思ったときに曜日や時間が表示されていないことがあるというのがそもそも問題なのですが、/clockが時刻表示の切り替えを行うコマンドであるため、誤って利用してしまい時刻表示がOFFになってしまうと、具体的に以下のような弊害がでてきます。

天候の確認ができない

時刻表示がOFFの状態だと、天候アイコンも表示されません。
天候表示
時刻表示を消したままであることに気づかないでいた場合、クリスタルの塊を集めるためにお目当ての天候を待っているときや、天候が関係するクエストやコンテンツの際に、延々と表示されるはずのない天候変化を待つハメになります。

2回目以降の釣りのタイミングの確認に不便

釣りは終わると、次に釣りができるまで数秒の時間がかかります。 
その時間経過前に、釣りをしようとすると以下のようなエラーメッセージがでます。

そのコマンドは実行できません。
少し時間をおいてから実行してください。
 

このウェイトタイムがあける目安に、時刻表示を活用されている方がいらっしゃるようです。

釣る→釣り終わる→時刻表示がでる→再び釣るという流れということですね。

ちなみにわたしは、方角の再表示で判断しています。それもあって、/clockで時間表示が消えていることに気がつかなかったのかもしれません。

時刻確認は/clock onを利用

こういった弊害は、月齢や時刻を確認する際に、/clock onを常用する癖をつけることで解決できます。

月齢の確認が重要になる釣りなどは、マクロに組み込んでしまうと安全かもしれません。
釣りマクロ

あとがき

/clock onについては、公式サイトのゲームマニュアルでも言及がされておらず、ネットで検索してもこれに関してしっかりと言及されているものが見つかりませんでした。

公式からのテキストコマンドに関する明記は「/clock」のみです。

過去にフォーラムでプレイヤー間で討論されていたことはあるみたいでした。

スレッド: 現在時刻を押して、ヴァナ時間、曜日、天候の表示ON/OFFは要らないかも?

プレイヤーの間では常識なのだと思います。
しかし、初心者やわたしのように基本的にソロで動いている人は

/clockと/clock onの違いに気づくのは、わりと難しいかなあと。

わたしは、ボーッとしてるので、流してしまったのですが、思い起こせば、曜日や時間がたまにでてないときがあって、あれ?今何時なんだろ、何曜日なんだろ、あ、これって一定時間表示されると消えるのか(←思い込み)、めんどくさいなあって思ってたことあったんですよね。

というわけで、需要があるのかは定かではありませんが、細かいことですが、1つの記事とさせていただきました。


今回の記事の参考になる過去記事一覧

堀ブナの釣り場を徹底追及!!月齢と釣果の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。